シミ取りクリーム ハイドロキノン

シミ取りにはハイドロキノンクリーム!

できてしまったシミを消すのは大変で、一般的には美白ケア=シミ予防とされています。これまでは、美容皮膚科でレーザー治療が必要だった「確実なシミ取り」ですが、今は自宅で使えるハイドロキノンクリームでシミを消せるようになりました。

 

ハイドロキノンクリームの美白効果は早ければ1か月という短期間でシミが薄くなったり、薄いシミが消えるということもあります。ネックになっていた副作用も安定型ハイドロキノンなら心配ないので使いやすいですね。

 

シミ取りクリーム「ハイドロキノン」ランキング

アンプルール ラグジュアリーホワイトの特徴
ハイドロキノンクリームを含む5点セットの美白コスメトライアルセットです。スポット集中美容液「コンセントレートHQ110」に副作用にほぼない安定型ハイドロキノンが配合されています。化粧水にはアルブチンが配合されておりダブルでシミ取り効果が期待できます。
価格 1,890
評価 評価5
備考 送料無料
ビーグレン ホワイトケア トライアルセットの特徴
美白成分を肌の奥まで届ける独自技術のQuSomeを使った化粧品のトライアルセットです。ハイドロキノンもより浸透することでしっかりと美白効果を発揮します。
価格 1,800
評価 評価4.5
備考 送料無料、365日間返金保証

 

ハイドロキノンクリームの口コミ

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110を使ってみて
20代の前半からそばかす、シミが悩みです。 また、二十代後半から毛穴の開きや、頬の乾燥がひどくなってきたことも気になっています。イチゴのように鼻の頭の毛穴が黒ずみ、鼻の両脇が赤黒いのも気になっています。
普段は顔全体にファンデーションを厚く塗ってごまかしている状態なので、スッピン素肌を人に見せれるようになりたいです。そのために効果的なハイドロキノンを使いたくてラグジュアリーホワイトを購入しました。アマゾンではトライアルではなくハイドロキノンが使われいているコンセントレートHQ110だけで安く売っていたのですが、製造から日がたっている成分が劣化したものを送られてきたというレビューを見て、怖いので公式サイトから注文しました。
アマゾンで問題視されていたクリームの変色もなくちゃんと白色の透明っぽいクリームでした。乾燥肌+敏感肌なので1回目に使う時副作用は気になりましたが、シミの部分にだけ綿棒でちょこちょこと塗布しました。
次の日は何ともなかったのですが、3日目くらいにちょっとだけ赤くなっているようでしたが、それからは悪化せずにその赤みが消えるときにシミの黒い色も薄くなったように感じました。鼻の黒ずみにはまだ使ってないのですが、これなら毛穴の黒ずみも消せそうです。(まりんさん・32歳)
⇒ アンプルール ラグジュアリーホワイト 公式サイトへ

 

ハイドロキノンクリームのシミ取り効果、副作用について

 

シミやそばかすの治療に人気の「ハイドロキノン」ですが、具体的にどのような働きがある成分なのか知っていますか?シミを予防するだけでなく消すこともできるという美白成分だけど、本当にそんなに効果あるんでしょうか?ハイドロキノンの効果や副作用、購入場所や効果的な使い方などを詳しくまとめてみました。

 

「ハイドロキノン」の驚きの効果とは?

 

ハイドロキノンとは、シミやそばかすなどの治療に使われる美白成分です。美白成分と言っても他の成分と違うのは、「シミを消す効果がある」というところです。

 

化粧品などに多い美白成分はシミを予防するだけのものが多いですが、ハイドロキノンはシミ予防とシミ消しの両方の効果が期待できるんです。その美白効果の高さから、「お肌の漂白剤」と呼ばれることもあります。

 

ハイドロキノンの主な働きは、シミの元となるメラニンの生成を抑制するということです。メラニン生成に必要な酵素「チロシナーゼ」に直接アプローチできるほか、メラニンを生成する細胞「メラノサイト」を減らすような効果もあります。

 

またハイドロキノンには、紫外線によって黒くなったメラニンを還元する作用もあります。メラニンの色を薄くすることができるから、シミ予防効果もシミ消し効果も期待できるというわけですね。

 

副作用が起こる可能性も

 

ハイドロキノンは美白効果が高い反面、肌への刺激が強いのがデメリットです。そのため、ハイドロキノンを塗った部分が赤く炎症を起こしたり、肌が白くなりすぎるなどの副作用が出ることがあります。用量や用法を間違えると白斑ができてしまうこともあるため、特に濃度が高いものを使うときには注意が必要です。

 

またハイドロキノンを塗った部分が紫外線を浴びると、逆にシミが濃くなってしまうという副作用も確認されています。ハイドロキノンでシミなどの治療を行う場合は、必ず日焼け止めクリームを使用しましょう。

 

ハイドロキノンはどこで買えるの?

 

ハイドロキノンは刺激が強く管理も難しかったため、昔は皮膚科などで処方してもらうしかありませんでした。でも2001年に薬事法が緩和されたので、現在はハイドロキノン配合のクリームなどがドラッグストアなどでも市販されています。

 

ハイドロキノンは製造後、すぐに劣化をしてしまうので、冷暗所で保管されていることが望ましいので効果を求めるなら市販品よりも通販で専門ショップより購入するのがいいでしょう。市販の化粧品に配合できるハイドロキノンは2%など低配合なので、使い方を守れば副作用の心配はほとんどありません。

 

もっと濃度の高いハイドロキノンクリームを使いたいというときは、市販されていないので皮膚科などで処方してもらう必要があります。濃度が高い分扱いが難しいですが、医師の診察を受けながら治療できるので、副作用などが心配な人はまずは皮膚科を受診してみると良いでしょう。

 

ハイドロキノンの効果的な使い方は?

 

ハイドロキノンは上でも紹介したとおり、肌荒れや白斑などの副作用が出ることもあるような強い美白成分です。肌が弱い人には刺激が強すぎるかもしれないので、まずは目立たない場所でパッチテストをしてみましょう。ハイドロキノンを塗った絆創膏を腕などの皮膚が薄い部分に貼り、24時間後に肌に異常がなければ問題ないと判断できます。

 

ハイドロキノンを塗るときの注意点は、顔全体などではなくシミのある部分だけに塗ることです。何もないところに塗ると白くなりすぎるなどの副作用が出やすいので、必要な部分だけにピンポイントで塗りましょう。

 

また上でも書いたように紫外線を浴びるとシミの元になってしまうので、紫外線を浴びない夜に塗って、朝の洗顔で落とすのがおすすめです。もし日中にも使いたいときは必ず日焼け止めを塗って、こまめに塗り直すなど紫外線対策を徹底しましょう。

 

ハイドロキノンはどのタイミングで塗るのが正解?

 

ハイドロキノンを塗るタイミングは、基本的には「化粧水の後」です。ハイドロキノンはとても浸透性の高い成分で、素肌に付けると強く効きすぎてしまう恐れがあるため化粧水で肌を整えてから塗りましょう。

 

乳液やクリームを使うタイミングは意見が分かれていますが、刺激が気になるときは基礎化粧品を塗り終えた後に使うのがおすすめです。もし皮膚科で処方してもらうなら、詳しい塗り方や塗るタイミングもしっかりと尋ねておくと安心です。市販のハイドロキノンを使う場合も、添付の説明書などをよく読んでから使用してくださいね。

 

⇒ シミ取りクリーム「ハイドロキノン」の人気ランキング

 

あなたの顔のシミの種類はどれ?

 

朝起きて鏡を見ると突然顔に現れる茶色の嫌なシミですが、慌てて美白対策をしてもなかなか効果が得られないことが多く、早く消したいと悩む方が多くいます。

 

顔の一部にできた小さい茶色の部分をシミとよび、基本的には肌の奥に蓄積されたメラニンが原因の肌の老化なのですが、一言でシミと言っても種類は沢山あるのです。

 

老人性色素班

 

顔にできるシミで一番多いのが、この老人性色素班です。紫外線が原因でできてしまうシミで、日光性黒子とも呼ばれています。特徴として挙げられるのは、頬骨などの高い位置やこめかみにできやすいということです。

 

最初は非常に薄い茶色なのですが、紫外線を浴びるにつれてどんどん濃くなり、シミがハッキリとしてきます。初期の段階であれば、美白化粧品などの効果が現れやす胃のですが、定着した状態のシミを美白化粧品だけで消すのは非常に困難です。

 

脂漏性角化症

 

老人性色素班がイボのようになり、皮膚自体が盛り上がってしまった状態のシミです。表面がざらついているのが大きな特徴といえます。皮膚が変化してしまっているので、美白化粧品は効果がありません。完全に取りたい場合は、皮膚科や美容皮膚科などの治療が必要になります。

 

雀卵班

 

ソバカスという呼び名がメジャーな遺伝性のあるシミです。多くは10代の頃から顔などに現れ、鼻を中心に散らばり、一つ一つは三角や四角になっているので、そばがらに似ていることからソバカスと呼ばれています。

 

色白の人に多く、美白化粧品での効果も期待できるが、遺伝的な要素が強いので大きな効果を得るのは難しいといえます。しかし、皮膚科などのレーザーだと綺麗に消すことが可能です。

 

炎症性色素沈着

 

ニキビ跡や傷、虫刺されの跡が綺麗に消えずに茶色くなって残ってしまったシミです。時間が経てば消えるものもありますが、消えるまでに何年もかかるシミもありますし、その上に日焼けをしてしまい消えないシミになってしまうこともあります。

 

無理にニキビを潰してしまった結果、炎症性色素沈着になってしまうケースは非常に多いのですが、美白化粧品が有効であることも多く、ケア次第では綺麗に消える可能性もあるのです。即効性を求めるならば、美容皮膚科や皮膚科でのピーリングが効果的です。

 

肝斑

 

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことで現れるシミです。頬骨を中心として左右対称にできるのが特徴で、茶色や灰色など人によって色が違います。女性ホルモンが大きく関係しているので、妊娠中や更年期の女性に多く見られるのです。

 

美白化粧品が有効で、内服薬を併用すると更に効果が期待できます。ここ最近では、漢方薬が効果的とされており、皮膚科などで自分に合った漢方薬を処方してもらうと効果が早く期待できるのです。

 

⇒ シミ取りクリーム「ハイドロキノン」の人気ランキング

 

顔のシミを消す食べ物

 

顔に出来てしまったシミが気になっている方が多くいらっしゃると思います。いくら気を付けていても、年齢と共にどうしても出来てしまう顔のシミ。ここでは、体の内側からシミを改善する方法、シミに効果がある食べ物を紹介したいと思います。ご参考になさってください。

 

シミに効く食べ物といえば、ビタミンCを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニンの元であるチロシナーゼを薄くする効果があるので、シミやそばかすを薄くする効果が期待できます。

 

「ビタミンC」を多く含む食品
アセロラ
レモンやオレンジなどの柑橘類
ブロッコリー
ゴーヤ
ベーコン

 

ビタミンCは水溶性なので水に溶けやすい性質があります。野菜などは茹でずレンジで蒸すなど調理法を工夫するといいでしょう。ビタミンCは体内に留まる時間が短いため、小分けにして少しずつ摂るとより効果的です。また、日光を浴びることでシミになってしまう可能性があるため柑橘類は夜に食べる方が安心ですよ。

 

シミに効く食品としてリコピンが有効なのはご存じでしょうか。カロテノイドの一種であるリコピンという成分には、優れた抗酸化作用があります。お肌に起こってしまった様々なダメージを軽減し、回復させることが期待されます。また、リコピンには紫外線から肌を守る役割があることが分っています。

 

「リコピン」が含まれる食品
トマト
にんじん
スイカ

 

このような赤い色をした野菜や果物に多く含まれています。野菜意外にもトマトジュースを飲むだけでその効果が得られるとの研究結果もあるので、お手軽にトマトジュースを飲むというのもいい方法かもしれません。

 

美白効果のある商品を探す中でL-システインという名前を聞いたことがあるでしょうか?L-システインには抗酸化作用がありメラニンに働きかけるとともにお肌の代謝をサポートしてくれる優れた成分です。

 

L-システインという成分は体の中で合成されるものですので、その元となるメチオニンが含まれた食品を摂ることが大切です。

 

「メチオニン」が含まれた食品
牛乳、チーズなどの乳製品
納豆や豆腐などの大豆製品
マグロ
鶏肉
豚肉

 

普段口にする機会が多い食品ばかりですので摂りやすいと思います。ただ、摂りやすいからと言ってこれらの食品ばかり食べるのではなくバランスよく食事することを心掛けてくださいね。

 

乾燥肌、敏感肌、アトピー肌の方になじみのあるセラミド。お肌を整え乾燥を防ぐ効果がある「セラミド」ですが、実はシミにも効果が期待できるのです。セラミドにはお肌のバリア機能を高める効果があり、紫外線など外部からの刺激を防いでくれるのです。

 

「セラミド」が含まれる食品
こんにゃく

大豆
小麦
ほうれん草

 

こちらも日常でよく口にする食品ばかりですので、積極的に摂取していきましょう。スキンケア以外でもシミ予防、シミ改善の食生活にすることで早く効果が出てくると思いますよ。

page top