ハイドロキノンのアレルギー反応と副作用の違い

ハイドロキノンのアレルギー反応と副作用の違い

ハイドロキノンは科学的にも効果の証明されている美白成分です。このシミさえなければと思いつつ、肌への負担が大きいと言われているハイドロキノンは、チャレンジするのに勇気の要るものですよね。

 

敏感肌だったり、アレルギーを持っているかたの場合では尚更です。肌に負担を掛けてしまい、却ってシミが増えたなんて事は避けたいですしね。ハイドロキノンを使う事でアレルギーが起こる事はあるのでしょうか。

 

ハイドロキノンでアレルギー症状は起こる?

結論から言ってしまうと、アレルギーが出ることもあります。具体的な症状としては肌の赤味、かゆみ、ぴりぴり感ですが、ハイドロキノン単体での使用でのアレルギーが起こる事は非常に稀です。ハイドロキノンでアレルギーが起こった言われる方のほとんどは、併用していたトレチノインの作用や、ハイドロキノン以外の添加物によるものなんです。

 

ではハイドロキノン単体なら、絶対にアレルギーは起こらないのかと言うと、残念ながらすべての人にアレルギーが出ないという訳ではありません。ごく稀に、ハイドロキノンでアレルギーを起こしてしまう方は存在します。肌が赤くなる、かゆみやヒリヒリ感が続くという時には使用を中止しましょう。

 

アレルギー体質じゃくてもアレルギーは出る?

花粉も金属も食品も大丈夫だし、アレルギーの心配なんかしたことがないという場合もあります。その油断が、ハイドロキノンアレルギーを引き起こす可能性もあるのです。ハイドロキノンは肌への負担が大きいため、お肌が乾燥していたり、荒れたお肌には刺激が強すぎ、肌刺激からアレルギー症状を起こすことがあります。

 

肉体的、精神的な疲労が溜まっている時、睡眠不足の時、体調を崩している時にも、肌バリア機能が落ちていて、肌刺激に敏感になっているので要注意です。飲酒や喫煙の習慣のある方は、やめるか量を減らし、肌コンディションを整えてから使用するようにしましょう。

 

それって本当にアレルギー?

今までは使っても平気だったのに、突然とアレルギーが起こるようになったなんて事も耳にしますよね。でも、それって本当にハイドロキノンアレルギーなのでしょうか。ハイドロキノンは非常にデリケートな成分です。開封してから時間が経ち過ぎていませんか?

 

ハイドロキノンは空気や光に弱く、酸化するとベンゾキノンという肌刺激の非常に強い成分が発生します。保存状態が悪いと使用期限内でも酸化が進み、肌の赤味や刺激を招きますので、開封後は空気や光に触れにくい状態で、暗冷所に保管するようにしましょう。

 

アレルギーと副作用を混同しないで

ハイドロキノンで美白されるはずなのに、肌の炎症やシミが増えるのはアレルギーなのでしょうか。肌トラブルが起きたからアレルギーだと決めつけず、自分の行動を見直してみましょう。

 

ハイドロキノン塗布後の紫外線対策は万全ですか?ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンの生成を抑える作用があります。メラニンは紫外線からお肌を守る成分です。ハイドロキノン使用中に紫外線に当たってしまうと、肌の奥まで紫外線が入り込み、お肌にダメージを与えてしまいます。

 

その結果、肌の炎症や色素沈着、シミなどが起こりやすくなってしまうんですね。屋内でも日焼け止めは必須、屋外では帽子や日傘を使用し、反射を防ぐために色の白い服は避けるようにしましょう。

 

ごく稀に体質に合わない方は存在しますが、ハイドロキノンそのものには、ほとんどアレルギー報告はありません。ハイドロキノンを正しく使い、シミのない美肌を手に入れましょう。

page top