ハイドロキノンの塗りすぎは絶対にダメ!

ハイドロキノンの塗りすぎは絶対にダメ!

美白といえば、ハイドロキノンは欠かせない成分の一つとも言えるほど、代表的な有効成分です。ハイドロキノンは、イチゴやコーヒーなどの身近な飲食物に含まれる天然成分で還元作用があるのですが、管理が難しい成分であることから日本で美白成分として利用される様になったのは薬事法が規制緩和された2001年のことです。

 

このことからもわかる様に、ハイドロキノンクリームは美白効果の高い成分ではありますが、強い成分ともいえますので、利用する際には十分な注意が必要です。

 

ハイドロキノンの働きとは?

 

ハイドロキノンが美白できる成分とされるその理由は、

 

  • 酵素チロジナーゼの働きを阻害してシミの元であるメラニン生成を抑制
  • メラノサイトに働きかけてメラニン色素生成を抑制

 

という二つの働きが、シミの予防、そしてできてしまったシミについても薄くしていく効果が期待できることです。メラニンは紫外線など外からの刺激によって黒くシミとなりますが、ハイドロキノンを利用することで酸化したシミを還元して色を薄くしていきます。

 

ハイドロキノンクリームは塗りすぎてはいけない?

 

美白効果が高いハイドロキノンですが、効果があるからといって塗りすぎてはいけません。強い成分でもあるので使用する際には十分な注意が必要です。

 

同じ箇所に長期間使用しない
ハイドロキノンクリームを同じ箇所に塗りすぎるとその箇所の肌を弱くなり、かぶれや赤みが出るなど、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

使えば使うほど白くなることはない
ハイドロキノンクリームで効果があったからと、使えば使うほど白くなるという考えはとても危険です。効果が高い分、シミなどの色素沈着のない箇所にまではみ出て塗ってしまうと白抜けという白斑の症状が出ます。特に濃度が高い(5%以上)のハイドロキノンクリームをする際には、綿棒を使用するなど先の細い道具で色素沈着の箇所のみに塗る様にしましょう。

 

低濃度でも塗りすぎてはいけない
ハイドロキノンがあまり配合されていないクリームだから大丈夫という訳ではありません。長くても続ける期間は三ヶ月以内にして、少し肌を休める様にしましょう。低濃度でも塗り続けると、白斑になる可能性があります。

 

一日に何度も塗らない
ハイドロキノンクリームは基本的に夜に一回、多くても朝晩一回ずつ塗る様にして、取れてしまったとしても、一日に繰り返し塗らない様にしましょう。

 

ハイドロキノンクリーム塗りすぎず安全に使うには?

 

ハイドロキノンクリームは、美白効果が高い分、刺激も強いので使用方法によっては肌にトラブルが起きてしまうことも少なくありません。

 

早くシミをなくしたい!という焦る気持ちはわかりますが、突然高濃度のハイドロキノンクリームを使用するのではなく、低濃度のクリームから使い始め、副作用がないかを確認するために少しずつの量を様子を見ながら使っていく様にしましょう。

 

中には副作用があまりない安定型のクリームも販売されているので、まずはそちらから使用してみることをお勧めします。シミが薄くなってくると、もっとキレイにしたいと思って、つい塗りすぎてしまうこともありますが、シミが目に見えて薄くなってきたら使用を一旦中止しましょう。

page top